usm s1 最終2132

嘘付き?

記事書かない(かも)とシーズン終了時に呟きましたが、個人的に残して置きたいと思ったので、気が変わっちゃいました。すみません

今回は簡易的に済ませます

並び


【個別詳細】

カバルドン@ゴツゴツメット

性格 : わんぱく 特性 : すなおこし

215(252)-132-187(+252)-92-68(4)

じしん こおりのキバ あくび なまける


リザードン@リザードナイトY

性格 : ひかえめ 特性 : もうか→ひでり

173(156)-111-110(92)-201(+28)-136(4)-149(228)

熱風 エアスラッシュ ソーラービーム ニトロチャージ

調整理由などは過去の2つの記事にて紹介済み。採用当初から最後まで欠点(汚点)と理解しつつも採用していた。


キノガッサ@きあいのタスキ

性格 : いじっぱり 特性 : テクニシャン

135-193(+204)-107(52)-×-80-122(252)

タネマシンガン マッハパンチ 剣の舞 茸の胞子

採用当初は岩石封じだったが、主に受けループ(グライオン入り)への勝率が著しく低かったので対策として「剣の舞」を搭載した。
岩石封じがあれば対応範囲は広がりますが、選出出来ても勝ちの決まり手と成りにくいのがネックと思っているので選出数を絞ってでも役割を持たせた方が強いと実感した。



ミミッキュ@ミミッキュ

性格 : いじっぱり 特性 : ばけのかわ

155(196)-143(+156)-119(148)-×-126(4)-117(4)

じゃれつく かげうち 剣の舞 のろい



ボーマンダ@ボーマンダナイト

性格 : いじっぱり 特性 : いかく→スカイスキン

197(212)-191(+68)-151(4)-×-130(156)-149(68)
or
197(212)-191(+68)151(4)-129(148)-150(76)

おんがえし 龍の舞 身代わり はねやすめ

調整は使い分けていました。4倍状態のアナライズ冷凍ビームを受ける事が全く無いので気にする必要は無いと思う様になってきた。
しかし、d振りにする事で有象無象のダメージを抑えられるので削り過ぎるのは禁物。


ギルガルド@たべのこし

性格 : れいせい 特性 : バトルスイッチ

167(252)-70-170-112(+252)-171(4)-72

シャドーボール 毒毒 かげうち キングシールド


基本選出は+or

ptが弱いのもありますが、プレイヤー自身が弱いという事をこのptが教えてくれた(気が付かせてくれた)ので納得はしている

他の人よりチャンスを貰っている分それ相応の努力をしなければ満足した結果は出せない。

結果は出せたとしても、満足するかはそれまでの過程次第で、他人から見ても誇れる様な努力をしたいですね。

以上、承認欲求の塊からの報告でした。

hsリザy ver.2


熱風でh4ミミッキュを最低乱数以外突破
熱風×2でh振りポリ2を2連最低乱数以外突破

ミミッキュの霊Z+影うち確定耐え
アーゴヨンの龍Zを確定耐え
その他諸々…



ここから少し公開理由と愚痴


自分自身の弱さに幾度となく萎えてきたが、誰かしらからpt貰いつつ簡易的な指導がない限りやる気が起きない。

こんな身の丈に合わない傲慢な考えしか出来ない時点でレートを趣味としてやらない方が良いかと度々思う様になってきた。

hsリザy

カバマンダ+αに組ませるリザyの型(調整)を考えていました。この並びのリザに求められる事として重視した点をあげます。

1.相手のリザに比較的強めである事。
2.対面でほぼ全てのカプ・テテフに勝てる事。

1.はカバマンダ+α選出だけでは基本的に相手のリザードンに対して初手にこちらのマンダとリザを合わせるか、リザに強めなαをぶつけるしかありません。
しかし、相手のptにこちらのα又はマンダのどちらかが刺さってないケースも多々あります。
これをケアしつつカバマンダで欠如しがちな炎打点持ちを入れる必要がありました。

2.テテフの型として比較的に多い 襷・スカーフ・眼鏡に対して初手から1匹以上持って行かれると勝ちの目が薄れることを恐れてある程度対応可能な調整が必要です。

以上をふまえて考えたリザードンの調整が4通りありますが今回は2つ紹介します。

技構成は一律 火炎放射/エアスラッシュ/ソーラービーム/ニトロチャージ となっていて、大文字を採用して外すと即試合終了に成りかねない事を加味しました。

*眼鏡サイコショックエスパーZは切ってます

臆病 h172 b4 c76 d28 s228

hb…a197グロスの雷パンチ確定耐え
hd…c182テテフの眼鏡サイキネを最高乱数切り耐え(コケコをフィールド無しサイキネで確定の調整)
c197霊獣ボルトロスの10万ボルト確定耐え

c…晴れ下の火炎放射でh252-d4振りギルガルドが確定1発( h252-d92振りカグヤも倒せます)

s…最速ミミッキュ抜き

スカーフor襷思わしきテテフに対してはニトロチャージ+火炎放射でcsカプテテフが確定。それ以外は火炎放射×2で処理可能。


臆病 h172 b4 c116 d28 s188

エアスラ+火炎放射でh236-d4振りカプテテフが高乱数。

h252カバに対して天候補正無し火炎放射が確定2発(d4振りだと2連最低乱数以外突破可能)
sは最速ランド抜きに抑えた調整。


これらを考えたまでは良かったですが現環境カプ・テテフの個体数が若干減り、ヒードランバンギラスを初めとした逆風がリザを腐らせる要因となったので微妙感が出てしまいました。

S5使用構築 ポリクチランド

久々に2100行けたので記事にしました。

コンセプトは特にありませんが、説明を見て頂ければ出来るだけ楽に勝ちたいという思惑が見て取れる構成かと思います。


【個別詳細】 *メガポケモンはメガ後の数値

クチート@クチートナイト

性格 : 意地っ張り

特性 : いかく→ちからもち

155(236)-172(252)-145-×-115-73(20)

アイアンヘッド 冷凍パンチ ふいうち 剣の舞


カバマンダランドサンダー辺りをワンパンしたいが為に「冷凍パンチ」を採用。
ミミッキュやテテフに対して外して負ける一致技を採用したくないが為「アイアンヘッド」にした。


霊獣ランドロス@ジメンZ

性格 : 陽気

特性 : いかく

181(132)-180(116)-111(4)-/-101(4)-157(252)

じしん うちおとす 身代わり 剣の舞


初手にガッサや耐久振りテテフを呼びやすいptなので対処をする枠。

★火力の目安★
・h252b68テテフが地面Zで確定1発
・b4ガッサが地震+地面Zで確定
・hb252カバルドンが剣舞→地面Zで43.8%の乱数1発


ポリゴン2@しんかのきせき

性格 : 控えめ

特性 : ダウンロード

191(244)-/-110-165(196)-124(68)-80

トライアタック 10万ボルト シャドーボール トリックルーム

調整はc200テテフの「サイコキネシス」2耐え調整。

基本的な立ち回りとして、DLで特攻が上昇すれば3種の攻撃技+後続の先制技で〆る事を念頭に置くと試合展開がある程度コントロール可能になる。

しかし、ポリクチを始めて使うのでトリックルームを押すべきタイミングが分からない事もしばしばあった。


ミミッキュ@フェアリーZ

性格 : 意地っ張り

特性 : 化けの皮

155(196)-143(156)-119(148)-/-126(4)-117(4)

じゃれつく かげうち 剣の舞 呪い

比較的にギャラドスが重い並びなので耐久に振り分けた型での採用。

フェアリーZの通りがイマイチ良くないので選出数は最下位だったが展開構築相手には刺さるので外そうにも外せない。


ボーマンダ@ボーマンダナイト

性格 : 腕白

特性 : いかく→スカイスキン

201(244)-166(4)-187(156)-/-114(28)-150(76)

すてみタックル 竜の舞 身代わり 羽休め


威嚇無しでも身代わりがカグヤのヘビボンやランドの岩石を耐える(乱数絡み)耐久がある。

個人的には折角の耐久ラインを崩してしまう「すてみタックル」は採用したくはないのだが威力102技(恩返しor八つ当たり)の火力が無さすぎるので断念。

終盤にテッカグヤ入りが少なかったのに加え、例え遭遇したとしても火力振りの個体が多かったので調整は余り意味を成さなかった。


キノガッサ@きあいのタスキ

性格 : 意地っ張り

特性 : テクニシャン

135-193(204)-107(52)-/-80-122(252)

タネマシンガン マッハパンチ 岩石封じ 茸の胞子

キノガッサミラーで生存確率の高い調整。
運に左右されやすいので極力選出しない事を心掛けた。



使ってみた結果、トリルを貼る前に上からタコ殴りされるので安定しないのがよく分かった。


【無理なポケモン達】

ヒードラン
ある程度火力のある型を裏のポケモンと組み合わせられると突破不可能

ヒートロトム
特段有利なポケモンが居ないので色々掻き回される為、試合展開が読めなくなるので辛い

・挑発持ち襷テテフ及びZテテフ
最速ランド抜き以上の調整だと初手にキノガッサ合わさないとゲームエンドに近い


【戦績】

最高&最終 2100

久々に2100まで行けて一安心しました。

お疲れ様でした

第3回真皇杯北陸予選使用構築【優勝】

どうも、今回は絡みがある人達に会いたいが為、北陸予選に参加しました(´〜`)

勝つ事を目的としてなく、予選ブロック抜け出来れば満足程度に考えていた事もあってか1週間までpt考察などを怠ったので、考察力の乏しい私は当然当日になってもまともに使えるptは完成しなかった。

仕方なく現段階で1番使い慣れているptで参加しました。


ボーマンダの調整以外全くs2の構築と同じなのでボーマンダ以外の詳細は割愛します↓
http://toropoke.hatenablog.com/entry/2017/03/21/134302

【個体詳細】


ボーマンダ@メガストー

性格 : 意地っ張り 特性 : 威嚇→スカイスキン

197(212)-204(164)-151(4)-/-117(52)-150(76)

おんがえし/りゅうのまい/みがわり/はねやすめ


A… h252 b116メガリザードンYを +1恩返しで確定1発

h244 b252ポリゴン2を +1恩返しで82%の乱数2発(a実値1下げると72.7%)
砂ダメ1回と+1恩返し2回で確定

HB… 威嚇込みa197ランドの岩石封じを身代わりが確定耐え

HD… c211めざ氷を確定耐え

S… 準速ミミッキュ+2、s+1で最速フェローチェ抜き

主に上記のポケモンを意識した調整。


初手性能がs2の調整より高めで、不一致4倍技や一致2倍技で倒される事がかなり減りました。

攻撃方面はさほど変わらないので恩返しor竜の舞のタイミングは悩むことは無かった。

素早さ関係は相手のボーマンダグライオン以外は気にならなかったので耐久振りは正解だったと思う…


本来ここから立ち回りについて書くべきなのですが、面倒なのでBV貼り付けます。

*無許可なので削除の申し立てがあれば消しますm(_ _)m


決勝トナメ1回戦 vs CR7さん

: CYVG-WWWW-WWW7-6G2J


決勝トナメ2回戦 vs シータさん

: 5GWG-WWWW-WWW7-6G2M


準決勝 vs かめどりさん

: F9YG-WWWW-WWW7-6G2R


勝戦 vs TKさん
: VANW-WWWW-WWW7-6G2T


見れば分かると思いますが、ちょくちょくプレミしてます。

このBVの立ち回りの質問であれば記憶がある内は返答可能ですので@dead_end12までお願いします。



まず、オフで優勝出来てとても嬉しいです。
レートと違って対戦後に立ち回りや相手の型など含めた意見交流が出来るのが良い所ですね〜知らない型、調整を目の前にして興味が絶えなかったので今度はもう少し構築考えてから行くべきだと実感しました。
話は変わりますが真皇杯本戦出場はまだ迷っています|´-`)

運営陣、応援してくれた方や対戦や雑談などで絡んで下さった方々ありがとうございました!

では、またの機会で

SMシーズン2 使用構築カバマンダガルド【最終2214 4位】

SM環境でのシーズン2 お疲れ様でした。
oras〜sm通して、初のレート2200を達成出来てとても嬉しいです。
それでは今回使用した構築を紹介します。



《コンセプト関連》
シーズン中にZ技でどの様に崩すかばかり考えていましたが、シーズン終盤に受けループにボコボコにされた事をきっかけに、敢えて「Z技を受ける」という考え方に変えました。
また、相手のZ技を最低限の被害で抑えられれば 通常アイテム持ちの方が圧倒的に強いという事に気が付きました。

要するに相手のZ技を透かしつつ、こちらの定数ダメージサイクルで詰ませる事が理想。

★メインとサブは同じ並びですがボーマンダの個体が若干違うので、補足しておきます。


【個別紹介】 *メガポケモンはメガ後の数値



カバルドン@ゴツゴツメット

性格: わんぱく 特性:すなおこし

215(252)-132-187(252)-×-92-68(4)

じしん / まもる / どくどく / なまける


この構築の主軸。
相手のZ技を軽減して受けられる「守る」を採用。
毒ダメや砂ダメも稼ぐ事が出来るのでとても使い勝手が良かった。
こだわりアイテム持ちの疑いがある相手にも「守る」から入り裏に引くか決めていた。
欠伸+守る型でも面白いとは思うが、後述のポケモンと合わせるには「どくどく」を優先せざるを得なかった。



ボーマンダ@メガ石

性格: 意地っ張り 特性: 威嚇→スカイスキン

197(212)-205(172)-151(4)-×-111(4)-155(116)

恩返し / 身代わり / 竜の舞 / 羽休め


毒が入らないサイクル相手でも強気に出して行ける駒が欲しかったので「身代わり」+「竜の舞」の型を採用。
相手の悠長を許さない型で、安定行動=太い勝ち筋に直結するので自身の考え方にとてもマッチした。


*サブROMのボーマンダ

性格 : 陽気 特性:威嚇→スカイスキン

201(244)-165-150-×-112(12)-189(252)

捨て身タックル / どくどく / 身代わり / 羽休め


なつき度問題の差だけで個体を変えました。
「どくどく」を全く警戒されず、耐久ポケを呼び寄せ機能停止まで持ち込むのは容易だった。
しかし、相手の鋼に対して滅法弱いので身代わり竜舞型よりは選出は控えめ。
この型の利点は最速を取っている為、終盤に増加した襷ジャローダ+身代わり分身バシャーモ展開相手には2ターン目で降参させる事が可能な為ストレス無く潜り続けられた。



カプ・テテフ@拘りスカーフ

性格 : 控えめ 特性 : サイコフィールド

145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

サイキネ / ムンフォ / シャドボ / サイコショック


毒サイクルで回してからの終盤の抜き性能重視で行き着いた枠。
技構成はめざ炎テテフを持っていない為、この構成で完結した。
想像以上にシャドボとショックを選択する機会が多かったと記憶している。



ミミッキュ@ゴーストZ

性格 : 意地っ張り 特性 : 化けの皮

131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

じゃれつく / シャドークロー / 剣の舞 / かげうち


受けきれないウルガモスリザードンを対面処理したり、カグヤレヒレ入りを強引に崩したりする所謂誤魔化し枠と言った所。

ガルーラ軸やポリゴン2がいるptには ほぼ選出しなかったので、妖精Zではなくギルガルドに強く出られる霊Zを持たせた。



パルシェン@きあいのタスキ

性格 : 意地っ張り 特性 : スキルリンク

125-161(252)-201(4)-×-65-122(252)

つららばり / ロクブラ / 殻を破る / 氷の礫


どうしても受け身の選出が出来ない場合に選出出来る駒が欲しかったので、1度積めば制圧力の高いパルシェンを採用した。
持ち物は積める範囲を広める襷が自然と当てはまった。
殻を破るターンに後出しされたレヒレを倒す「どくづき」採用も考えましたが火力が足りないので断念。


ギルガルド@たべのこし

性格 : 控えめ 特性 : バトルスイッチ

161(204)-49-170-88(76)-171(4)-108(220)

シャドボ / どくどく / 身代わり / キングシールド

★DL対策の為、努力値4余り
相手のZ技を無駄打ちさせる性能や対テテフゲッコウガ性能を評価して採用した。
HP管理の守るターンと攻め行動の毒、どちらを選択するのか悩みどころ。
有利対面どくどくを積極的に打つことで後々のサイクルで択負けしてもケアが効きやすくなる為、その点は心がけました。



基本選出は
相手のZ技を空かす立ち回り+有利対面どくどくを選択する事で安定択を取り続け易くなります。

無理なポケモン
・悪の波動持ち且つ打ち分け可能なゲッコウガ
・めざ氷放射宿り木カグヤ
・s109以上の特殊Z技ギルガルド


【総括】

ここまで読んで頂きありがとうございます。

シーズン1では考えられなかったZ技を逆手に取った戦法を採用してみた感想は
自身の思考の器が広がった良いコンセプトだったかな言えます。

記事の始めでも書きましたが初の2200達成とても嬉しいです。
対戦された方、応援して下さった方々 ありがとうございましたm(_ _)m

TN とろ〜 最高/最終 2214 4位
TNDarjeeling 最高/最終 2212 8位

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-5105-4BCD
改めてシーズン2お疲れ様でした。

質問などがある場合は Twitter @dead_end12まで宜しくお願いします。

初めてのバンドリマンダin東海シングル

特に使いたいポケモンが居なかった為、最低限勝てそうな構築を選んで当オフに望みました。

軸はチャックさんのQRバンドリを元としました。
使用していて裏選出に使い辛さを感じた為、自身が使い易い様に組んで見ました。
それでは本文へ


バンギラス@さらさらいわ
性格 : 意地っ張り
特性 : すなおこし
205(236)-170(4)-132(12)-×-121(4)-113(252)
岩石封じ / 冷凍パンチ / 馬鹿力 /ステルスロック

バンドリ初心者ですが、初手バンギは現環境で微妙と勝手に思ってしまった。
めざ氷バシャや妖精Zミミッキュが面倒臭い以外は思い通りに動かせる駒だと実感しました。

ドリュウズ@風船
性格 : 意地っ張り
特性 : すなかき
185-205(252)-81(4)-×-85-140(252)
地震 / アイアンヘッド / 岩雪崩 / 剣の舞

持たせる持ち物候補として、「珠・地面Z・風船・弱点保険」とありますが、地面技で弱点を付かれる事が多く悠長に舞えない時、相手の裏はドリュで「舞えば勝ち」の試合を落としたく無かったので持ち物を風船で採用。

ボーマンダ@メガ石
性格 : 意地っ張り
特性 : 威嚇 → スカイスキン
197(212)-194(92)-151(4)-×-121(84)-155(116)
※メガ進化後の実数値
おんがえし / 竜の舞 / 身代わり / 羽休め

調整は6世代のテンプレ調整の流用。
Z技持ちと思われる相手に「身代わり」から選択する事で不意に崩されることが無くなり、安全に竜舞を積める事を優先した。
ステロや砂ダメを入れる事で火力不足は気にならなかった。

ミミッキュ@フェアリーZ
性格 : 意地っ張り
特性 : 化けの皮
145(116)-156(252)-101(4)×126(4)-133(132)
じゃれつく/シャドークロー/剣の舞/かげうち

hbイカサマポリゴン2が崩せないので崩す為にZ技はフェアリーを選択した。
若干hpとsに振り分け、「c200テテフのフィールドサイキネ耐え」と「準速80族抜き」のラインを両立した。

パルシェン@気合いの襷
性格 : 意地っ張り
特性 : スキルリンク
125-161(252)-201(4)-×-65-122(252)
氷柱針 / シェルブレード / 氷の礫 / 殻を破る

主にミミッキュ対策として採用。
わざわざ重いバシャーモの為だけに「シェルブレード」を採用しましたが、バシャが来ないわパルミラーで負けると散々でした(;_;)

襷採用の理由は、バンドリ選出出来ない時のストッパー役が欲しかった為。
強引に殻を破れるのもgood!

カプ・レヒレ@カプZ
性格 : 図太い
特性 : ミストフィールド
177(252)-×-177(204)-121(44)-151(4)-106(4)
ムンフォ / しおみず / 自然の怒り / ちょうはつ

これまた以前使っていた瞑想型の流用調整^^;
一応マンダの一舞捨て身とかガブの地震2回耐えとかの気がする。

テキトーですいませんm(_ _)m


【 総括】

結果 予選 5-3 4竦み→抽選落ち

2試合は普通にただ普通に負けました。
(選出ミスと立ち回りミスが一試合ずつ)

初めて使うptということで立ち回りはいつもより甘い部分があるのは仕方がないとは思いますが選出ミスは有り得ない失態なのでしっかりと反省します。

対戦された方、話しかけてくださった方や運営の方々ありがとうございましたm(_ _)m