読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the future diary

構築記事や単体考察など

S16 使用構築ガルクレセ【最高2191・最終2134】

どうも、s16お疲れ様でした。

今シーズンはガルクレセ(特殊寄り)、厨パ、単体ではガモスが数を増やした印象がありました。

 

それでは本編へ

f:id:toropoke:20160714022842g:imagef:id:toropoke:20160714022850g:image

f:id:toropoke:20160714022900g:imagef:id:toropoke:20160714022910g:image

f:id:toropoke:20160714022920g:imagef:id:toropoke:20160714022930g:image

今回もサイクル+奇襲がメインの軸となってます

 

 

【個別詳細】

 

f:id:toropoke:20160714023531p:imageガルーラ@ガルーラナイト

性格:意地っ張り     特性:肝っ玉→親子愛

努力値: h132 a236 b116 d4 s20

秘密の力/グロパン/ふいうち/炎のパンチ

 

pt単位でゲッコウガが重い為、珠けたぐり耐え調整のガルーラ。

技は「炎のパンチ」と「噛み砕く」で悩んだが、easywinを狙える「炎のパンチ」採用。

クレセで毒をゴツメ持ち耐久ポケに入れた後にガルに引き「秘密の力」連打が安定する事が無難に強く感じた。

 

 

f:id:toropoke:20160714024718p:imageガブリアス@気合の襷

性格:陽気     特性:鮫肌

努力値: a252 b4 s252

げきりん / じしん / 岩石封じ / 剣の舞

 

ストッパー兼崩し枠、選出の機会が殆どないが出す試合での求められる事が技範囲が広く、打ち分けられる事なので襷でいいと思う。(主にトリル軸に選出)

 

 

f:id:toropoke:20160714025646p:imageクレセリア@ゴツゴツメット

性格:図太い     特性:浮遊

努力値: h252 b252 d4  *s29個体

サイキネ/どくどく/スキスワ/月の光

 

全信頼を置いて後投げする受けぽけ

今回は「スキルスワップ」採用。

採用理由としては、ガルーラへの対処が他の型に比べ比較的安定する事や

害悪系統に強くする為であるが、副産物として役に立つ場面が多かったと記憶している。

サイコキネシス」はスキスワと合わせてガルーラの身代わりを割れたりゲンガーに高打点が取れたりと代用が効かないと感じた。

しかし、想像以上に相手のゲッコウガサザンドラが辛かったのは反省すべきと感じた。 

 

f:id:toropoke:20160714030335p:imageウルガモス@拘りスカーフ

性格:控えめ     特性:炎の体

努力値: h4 c252 s252

オバヒ / さざめき / めざ氷 / サイキネ

 

奇襲を仕掛けられるスカーフでの採用。

持ち物がバレる事が基本なく、初手に繰り出してアドバンテージを取ったり終盤の締めにも使える為役割がとても多く選出機会もなかなかのものだった。

サイコキネシス」はバシャゲンガーに抜群をとれ、一貫しやすいタイプの技なのが採用の決め手。

「火炎放射」や 「炎の舞」もありだと感じる使い易さはある。

 

 

f:id:toropoke:20160714030852p:image化身ボルトロス@残飯

性格:穏やか     特性:いたずらごころ

努力値: h188 b108 c4 d172 s36

*h29個体

ほうでん / どくどく / 守る / 身代わり

 

奇襲性能が高く、特殊ポケモンや構築で辛いボルトロスファイアローにある程度強く高い削り性能に着目した。

クレセの「どくどく」と合わせ、みがまもで嵌める事も出来るため相性が良い。

 

 

f:id:toropoke:20160714031448p:imageゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病     特性:浮遊→かげふみ

努力値: h188 d68 s252

シャドボ/滅びの歌/身代わり/道連れ

 

1:1交換の鬼であり、あわよくば2匹持っていける性能がある強力なポケモン

1:1交換をした後にこちらに残るポケモン達は対面性能が高いポケモンで構成されているので安心して仕事をこなせる型での採用は適切な判断だったと感じた。

 

 

【雑感など】

基本選出はf:id:toropoke:20160714032123p:imageorf:id:toropoke:20160714031448p:image+f:id:toropoke:20160714025646p:image+f:id:toropoke:20160714030852p:image

 

立ち回りとしては、ガルーラかゲンガーで場を荒らしクレセとボルトで詰めていくという分かりやすい戦法。

 次点としてボルトの枠をf:id:toropoke:20160714115114p:imageで選出する事もある。

  

【まとめ】

実はこのpt、星霧杯で使用した構築と同じで変更点がウルガの技構成を弄っただけです。

思った以上に大会で勝てたのでレートでも通用するのかな?なんて思って最後まで使い続けました。

 

因みに星霧杯チーム:4位

個人: 5勝1敗 割と良い成績を残せました

(この場を借りて、チームメイトのばるかん、ハーベストありがとう(*゚▽゚)ノ )

 

今期も最終日に運負け続きばかりで非常に萎えたのでさっさと終わりました…

いつも以上に酷かったと言えるでしょう(~_~;)

プレミも無かったので余計不服です。

(2200行けなかった事が悔しいだけなのでどうぞ負け惜しみと笑ってください)

 

自身のメンタルの弱さに泣いたシーズンだと思い知らされましたが、構築自体は最終4日前から2170〜2150台辺りをずっとうろついていたので弱くは無いと思います

 

【戦績】

メイン: 最高 2176 最終 2117

サブ  : 最高2191 最終 2134

 

何かあれば @dead_end12 まで