hsリザy

カバマンダ+αに組ませるリザyの型(調整)を考えていました。この並びのリザに求められる事として重視した点をあげます。

1.相手のリザに比較的強めである事。
2.対面でほぼ全てのカプ・テテフに勝てる事。

1.はカバマンダ+α選出だけでは基本的に相手のリザードンに対して初手にこちらのマンダとリザを合わせるか、リザに強めなαをぶつけるしかありません。
しかし、相手のptにこちらのα又はマンダのどちらかが刺さってないケースも多々あります。
これをケアしつつカバマンダで欠如しがちな炎打点持ちを入れる必要がありました。

2.テテフの型として比較的に多い 襷・スカーフ・眼鏡に対して初手から1匹以上持って行かれると勝ちの目が薄れることを恐れてある程度対応可能な調整が必要です。

以上をふまえて考えたリザードンの調整が4通りありますが今回は2つ紹介します。

技構成は一律 火炎放射/エアスラッシュ/ソーラービーム/ニトロチャージ となっていて、大文字を採用して外すと即試合終了に成りかねない事を加味しました。

*眼鏡サイコショックエスパーZは切ってます

臆病 h172 b4 c76 d28 s228

hb…a197グロスの雷パンチ確定耐え
hd…c182テテフの眼鏡サイキネを最高乱数切り耐え(コケコをフィールド無しサイキネで確定の調整)
c197霊獣ボルトロスの10万ボルト確定耐え

c…晴れ下の火炎放射でh252-d4振りギルガルドが確定1発( h252-d92振りカグヤも倒せます)

s…最速ミミッキュ抜き

スカーフor襷思わしきテテフに対してはニトロチャージ+火炎放射でcsカプテテフが確定。それ以外は火炎放射×2で処理可能。


臆病 h172 b4 c116 d28 s188

エアスラ+火炎放射でh236-d4振りカプテテフが高乱数。

h252カバに対して天候補正無し火炎放射が確定2発(d4振りだと2連最低乱数以外突破可能)
sは最速ランド抜きに抑えた調整。


これらを考えたまでは良かったですが現環境カプ・テテフの個体数が若干減り、ヒードランバンギラスを初めとした逆風がリザを腐らせる要因となったので微妙感が出てしまいました。