読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the future diary

構築記事や単体考察など

SMシーズン2 使用構築マンダカバガルド【最終2214 4位】

SM環境でのシーズン2 お疲れ様でした。
oras〜sm通して、初のレート2200を達成出来てとても嬉しいです。
それでは今回使用した構築を紹介します。



《コンセプト関連》
シーズン中にZ技でどの様に崩すかばかり考えていましたが、シーズン終盤に受けループにボコボコにされた事をきっかけに、敢えて「Z技を受ける」という考え方に変えました。
また、相手のZ技を最低限の被害で抑えられれば 通常アイテム持ちの方が圧倒的に強いという事に気が付いたからです。

要するに相手のZ技を透かしつつ、こちらの定数ダメージサイクルで詰ませる事が理想。

★メインとサブは同じ並びですがボーマンダの個体が若干違うので、補足しておきます。


【個別紹介】 *メガポケモンはメガ後の数値



カバルドン@ゴツゴツメット

性格: わんぱく 特性:すなおこし

215(252)-132-187(252)-×-92-68(4)

じしん / まもる / どくどく / なまける


この構築の主軸。
相手のZ技を軽減して受けられる「守る」を採用。
毒ダメや砂ダメも稼ぐ事が出来るのでとても使い勝手が良かった。
こだわりアイテム持ちの疑いがある相手にも「守る」から入り裏に引くか決めていた。
欠伸+守る型でも面白いとは思うが、後述のポケモンと合わせるには「どくどく」を優先せざるを得なかった。



ボーマンダ@メガ石

性格: 意地っ張り 特性: 威嚇→スカイスキン

197(212)-205(172)-151(4)-×-111(4)-155(116)

恩返し / 身代わり / 竜の舞 / 羽休め


毒が入らないサイクル相手でも強気に出して行ける駒が欲しかったので「身代わり」+「竜の舞」の型を採用。
相手の悠長を許さない型で、安定行動=太い勝ち筋に直結するので私の考え方にとてもマッチした。


*サブROMのボーマンダ

性格 : 陽気 特性:威嚇→スカイスキン

201(244)-165-150-×-112(12)-189(252)

捨て身タックル / どくどく / 身代わり / 羽休め


なつき度問題の差だけで個体を変えました。
このポケモンの「どくどく」は全く警戒されなかったので耐久ポケを呼び寄せ機能停止まで持ち込むのは容易でした。
しかし、相手の鋼に対して滅法弱いので身代わり竜舞型よりは選出を控えました。
この型の利点は最速を取っている為、終盤に増加した
ジャローダ+身代わり分身バシャーモ展開相手には2ターン目で降参させる事ができストレス無く潜り続けられました。



カプ・テテフ@拘りスカーフ

性格 : 控えめ 特性 : サイコフィールド

145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

サイキネ / ムンフォ / シャドボ / サイコショック


毒サイクルで回してからの終盤の抜き性能重視で行き着いた枠。
技構成はめざ炎テテフを持っていない為、この構成で完結した。
想像以上にシャドボとショックを選択する機会が多かったと記憶している。



ミミッキュ@ゴーストZ

性格 : 意地っ張り 特性 : 化けの皮

131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

じゃれつく / シャドークロー / 剣の舞 / かげうち


受けきれないウルガモスリザードンを対面処理したり、カグヤレヒレ入りを強引に崩したりする所謂誤魔化し枠と言った所。

ガルーラ軸やポリゴン2がいるptには ほぼ選出しなかったので、妖精Zではなくギルガルドに強く出られる霊Zを持たせた。



パルシェン@きあいのタスキ

性格 : 意地っ張り 特性 : スキルリンク

125-161(252)-201(4)-×-65-122(252)

つららばり / ロクブラ / 殻を破る / 氷の礫


どうしても受け身の選出が出来ない場合に選出出来る駒が欲しかったので、1度積めば制圧力の高いパルシェンを採用しました。
持ち物は積める範囲を広める襷が自然と当てはまった。
余談ではありますが、殻を破るターンに後出しされたレヒレを倒す「どくづき」採用も考えましたが火力が足りなさ過ぎて断念。


ギルガルド@たべのこし

性格 : 控えめ 特性 : バトルスイッチ

161(204)-49-170-88(76)-171(4)-108(220)

シャドボ / どくどく / 身代わり / キングシールド

★DL対策の為、努力値4余り
相手のZ技を無駄打ちさせる性能や対テテフゲッコウガ性能を評価して採用しました。
HP管理の守るターンと攻め行動の毒、どちらを選択するのかとても悩まされました。
有利対面どくどくを積極的に打つことで後々のサイクルで択負けしてもケアが効きやすくなる為、その点は心がけました。



基本選出は
相手のZ技を空かす立ち回り+有利対面どくどくを選択する事で安定択を取り続け易くなります。

無理なポケモン
・悪の波動持ち且つ打ち分け可能なゲッコウガ
・めざ氷放射宿り木カグヤ
・s109以上の特殊Z技ギルガルド

ギルガルドカバルドンで対処する事も多いのでs69以上の特殊Z技でもほぼ壊滅します。
そもそも特殊Zギルガルドは性格:冷静 しか想定していません。


【総括】

ここまで読んで頂きありがとうございます。

シーズン1では考えられなかったZ技を逆手に取った戦法を採用してみた感想は
自身の思考の器が広がった良いコンセプトだったと言えます。

記事の始めでも書きましたが初の2200達成とても嬉しいです。
対戦された方、応援して下さった方々 ありがとうございましたm(_ _)m

TN とろ〜 最高/最終 2214 4位
TNDarjeeling 最高/最終 2212 8位

special thanks.
色違いミミッキュ提供してくれた がりあ
自己満足に付き合ってくれた通話窓の人

改めてシーズン2お疲れ様でした!

次シーズンも頑張ります。
質問などがある場合は Twitter @dead_end12まで宜しくお願いします