読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the future diary

構築記事や単体考察など

ランク付け

個人的な見解なのでこんな考えもあるね程度で見て頂けると幸いです。
一応b評価までは解説付き

〜メガ進化ランク~

同ランク内の評価は左側が高い

S

A

B

C

D


ここから理由付けを含めた個人的見解。

ボーマンダ

実際の評価はA+程度だが、ランク付けで細かい評価までやると限りがないのでS。
・メガ前&メガ後の特性が腐りにくい
・Z技を透かせる身代わりが自然と技構成に入る。
(竜の舞や羽休めなどの他の技とのシナジーもある)
oras世代と比べマンダを止められるポケモンの多くが環境にいない

耐久値が高めなので想定外の弱点技でも倒されにくく、身代わりや羽休めを駆使すればZ技持ちにも強く出られるのが強みだと思っている。


ゲンガー

攻撃性能だけを見ればメガ進化No.1
しかし、催眠術(60%)を当て続ければの話である。当然安定性の欠片もないので余り評価はしてない。
催眠術を外さないプロがいるらしいのでそれは考慮外…
鬼火祟目型の鬼火→裏のカグヤやカビゴン引きで詰ませる動きも強いが、相手が物理主体の選出の時にしか通用しなかったり、初手Z技で崩されたらコンセプト崩れもいい所。

まぁ、それらがされにくいs130&影踏みがキモなのかもしれない。


リザードン

恵まれた特性により、自身の火力も底上げしたり弱点を補う事が可能な安定したアタッカー
不慮の事故で倒される事が多い為、この辺りの評価で落ち着く。
耐久振りもいるらしいがその場合はsを犠牲にしている為、数的不利を取った場合に切り返しが困難なのも考慮にいれて頂きたい。
元々、リザードン軸は先に展開されたら勝てないのは明白。


メタグロス

火力・技範囲・割と高いs。単純に強い。半減技なら受け出しが2度効く程度の耐久も魅力的。
相手のptに完全に受け切られる駒がいる場合、大体グロス側の裏が消耗して負けるので評価は辛め。
再生技がないサイクル相手なら活躍が見込めそう。


サメハダー

特性により上から攻撃出来る可能性が高いので噛み砕くの一貫が取れれば最強。
それまでのお膳立てをする前に壊滅する事がネック。
技範囲がほぼ「悪・氷・地面」に限られているので不一致等倍以下に押させられると辛い。
等倍以上の先制技持ちが減った事が追い風だろうか?


ヤドラン

瞑想型だけが評価している。相手を詰ませる ただそれだけ。
蜻蛉帰りやボルトチェンジのを駆使したサイクルのクッションとして裏から出して詰めて行く動きが強そうだと思っている。
他には分身バトン馬車から繋いでいくのも面白そう・。・


これ以降はめんどくさいので割愛。



一個人の考え方としては「安定」して勝つ事。
10回の内、6回勝てればいい(催眠術の思考)ではなく
立ち回りだけで10回の内10回勝つ事を目指している。
催眠側の意見として基本の立ち回り+催眠(60%)で勝ち筋が広がる事も分からなくはないが、確実に基本の立ち回りだけで勝てる試合は必ず減る。
ここを理解して欲しいと思いました。

メガ以外のキャラランクも気乗りすればやるかも…

SMシーズン2 使用構築マンダカバガルド【最終2214 4位】

SM環境でのシーズン2 お疲れ様でした。
oras〜sm通して、初のレート2200を達成出来てとても嬉しいです。
それでは今回使用した構築を紹介します。



《コンセプト関連》
シーズン中にZ技でどの様に崩すかばかり考えていましたが、シーズン終盤に受けループにボコボコにされた事をきっかけに、敢えて「Z技を受ける」という考え方に変えました。
また、相手のZ技を最低限の被害で抑えられれば 通常アイテム持ちの方が圧倒的に強いという事に気が付いたからです。

要するに相手のZ技を透かしつつ、こちらの定数ダメージサイクルで詰ませる事が理想。

★メインとサブは同じ並びですがボーマンダの個体が若干違うので、補足しておきます。


【個別紹介】 *メガポケモンはメガ後の数値



カバルドン@ゴツゴツメット

性格: わんぱく 特性:すなおこし

215(252)-132-187(252)-×-92-68(4)

じしん / まもる / どくどく / なまける


この構築の主軸。
相手のZ技を軽減して受けられる「守る」を採用。
毒ダメや砂ダメも稼ぐ事が出来るのでとても使い勝手が良かった。
こだわりアイテム持ちの疑いがある相手にも「守る」から入り裏に引くか決めていた。
欠伸+守る型でも面白いとは思うが、後述のポケモンと合わせるには「どくどく」を優先せざるを得なかった。



ボーマンダ@メガ石

性格: 意地っ張り 特性: 威嚇→スカイスキン

197(212)-205(172)-151(4)-×-111(4)-155(116)

恩返し / 身代わり / 竜の舞 / 羽休め


毒が入らないサイクル相手でも強気に出して行ける駒が欲しかったので「身代わり」+「竜の舞」の型を採用。
相手の悠長を許さない型で、安定行動=太い勝ち筋に直結するので私の考え方にとてもマッチした。


*サブROMのボーマンダ

性格 : 陽気 特性:威嚇→スカイスキン

201(244)-165-150-×-112(12)-189(252)

捨て身タックル / どくどく / 身代わり / 羽休め


なつき度問題の差だけで個体を変えました。
このポケモンの「どくどく」は全く警戒されなかったので耐久ポケを呼び寄せ機能停止まで持ち込むのは容易でした。
しかし、相手の鋼に対して滅法弱いので身代わり竜舞型よりは選出を控えました。
この型の利点は最速を取っている為、終盤に増加した
ジャローダ+身代わり分身バシャーモ展開相手には2ターン目で降参させる事ができストレス無く潜り続けられました。



カプ・テテフ@拘りスカーフ

性格 : 控えめ 特性 : サイコフィールド

145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

サイキネ / ムンフォ / シャドボ / サイコショック


毒サイクルで回してからの終盤の抜き性能重視で行き着いた枠。
技構成はめざ炎テテフを持っていない為、この構成で完結した。
想像以上にシャドボとショックを選択する機会が多かったと記憶している。



ミミッキュ@ゴーストZ

性格 : 意地っ張り 特性 : 化けの皮

131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

じゃれつく / シャドークロー / 剣の舞 / かげうち


受けきれないウルガモスリザードンを対面処理したり、カグヤレヒレ入りを強引に崩したりする所謂誤魔化し枠と言った所。

ガルーラ軸やポリゴン2がいるptには ほぼ選出しなかったので、妖精Zではなくギルガルドに強く出られる霊Zを持たせた。



パルシェン@きあいのタスキ

性格 : 意地っ張り 特性 : スキルリンク

125-161(252)-201(4)-×-65-122(252)

つららばり / ロクブラ / 殻を破る / 氷の礫


どうしても受け身の選出が出来ない場合に選出出来る駒が欲しかったので、1度積めば制圧力の高いパルシェンを採用しました。
持ち物は積める範囲を広める襷が自然と当てはまった。
余談ではありますが、殻を破るターンに後出しされたレヒレを倒す「どくづき」採用も考えましたが火力が足りなさ過ぎて断念。


ギルガルド@たべのこし

性格 : 控えめ 特性 : バトルスイッチ

161(204)-49-170-88(76)-171(4)-108(220)

シャドボ / どくどく / 身代わり / キングシールド

★DL対策の為、努力値4余り
相手のZ技を無駄打ちさせる性能や対テテフゲッコウガ性能を評価して採用しました。
HP管理の守るターンと攻め行動の毒、どちらを選択するのかとても悩まされました。
有利対面どくどくを積極的に打つことで後々のサイクルで択負けしてもケアが効きやすくなる為、その点は心がけました。



基本選出は
相手のZ技を空かす立ち回り+有利対面どくどくを選択する事で安定択を取り続け易くなります。

無理なポケモン
・悪の波動持ち且つ打ち分け可能なゲッコウガ
・めざ氷放射宿り木カグヤ
・s109以上の特殊Z技ギルガルド

ギルガルドカバルドンで対処する事も多いのでs69以上の特殊Z技でもほぼ壊滅します。
そもそも特殊Zギルガルドは性格:冷静 しか想定していません。


【総括】

ここまで読んで頂きありがとうございます。

シーズン1では考えられなかったZ技を逆手に取った戦法を採用してみた感想は
自身の思考の器が広がった良いコンセプトだったと言えます。

記事の始めでも書きましたが初の2200達成とても嬉しいです。
対戦された方、応援して下さった方々 ありがとうございましたm(_ _)m

TN とろ〜 最高/最終 2214 4位
TNDarjeeling 最高/最終 2212 8位

special thanks.
色違いミミッキュ提供してくれた がりあ
自己満足レートに付き合ってくれた通話窓の民

改めてシーズン2お疲れ様でした!

次シーズンも頑張ります。
質問などがある場合は Twitter @dead_end12まで宜しくお願いします

ごみ捨て1

SMシーズン2にて使用。
Z枠と相手の高速広範囲at(フェローチェゲッコウガメタグロス)が辛く、運負けを呼ぶ完成度の低いサイクルパの為諦めました。

このptでの最高レートは2092

詳細はだるいので適当に書き残します

ボーマンダ@メガ石
陽気/威嚇→スカイスキン/ h244 d12 s252
すてみ どくどく 身代わり 羽休め

カプ・テテフ@こだわり眼鏡
*s1の流用の為省きます

ポリゴン2@進化の輝石
図太い/トレース/ h244 b252 s12
イカサマ 冷凍ビーム 放電 自己再生

ヒードラン@食べ残し
穏やか h212 b4 あとは忘れた
マグスト 大地の力 毒毒 守る

確かメガクチートをマグストで確定取れる辺りの気がする

カプ・コケコ@電気Z
臆病cs252 b4
10万 マジシャ ボルチェン 電光石火

相手のカグヤやsの甘えたバシャを抜く高速atが欲しかった為採用

パルシェン@気合いの襷
意地 as252 b4
つらら ロクブラ からやぶ 礫

フェローチェを対面で潰したりと、面倒いやつを初手で倒す役目。


まず初めに、そんなにサイクルを回さない。
2サイクル回す前に必ず相手が崩壊してる。
2サイクルまでに高火力技で急所被弾するとほぼ負けが決定。といった感想

また別のサイクル考えます。

初めてのバンドリマンダin東海シングル

特に使いたいポケモンが居なかった為、最低限勝てそうな構築を選んで当オフに望みました。

軸はチャックさんのQRバンドリを元としました。
使用していて裏選出に使い辛さを感じた為、自身が使い易い様に組んで見ました。
それでは本文へ


バンギラス@さらさらいわ
性格 : 意地っ張り
特性 : すなおこし
205(236)-170(4)-132(12)-×-121(4)-113(252)
岩石封じ / 冷凍パンチ / 馬鹿力 /ステルスロック

バンドリ初心者ですが、初手バンギは現環境で微妙と勝手に思ってしまった。
めざ氷バシャや妖精Zミミッキュが面倒臭い以外は思い通りに動かせる駒だと実感しました。

ドリュウズ@風船
性格 : 意地っ張り
特性 : すなかき
185-205(252)-81(4)-×-85-140(252)
地震 / アイアンヘッド / 岩雪崩 / 剣の舞

持たせる持ち物候補として、「珠・地面Z・風船・弱点保険」とありますが、地面技で弱点を付かれる事が多く悠長に舞えない時、相手の裏はドリュで「舞えば勝ち」の試合を落としたく無かったので持ち物を風船で採用。

ボーマンダ@メガ石
性格 : 意地っ張り
特性 : 威嚇 → スカイスキン
197(212)-194(92)-151(4)-×-121(84)-155(116)
※メガ進化後の実数値
おんがえし / 竜の舞 / 身代わり / 羽休め

調整は6世代のテンプレ調整の流用。
Z技持ちと思われる相手に「身代わり」から選択する事で不意に崩されることが無くなり、安全に竜舞を積める事を優先した。
ステロや砂ダメを入れる事で火力不足は気にならなかった。

ミミッキュ@フェアリーZ
性格 : 意地っ張り
特性 : 化けの皮
145(116)-156(252)-101(4)×126(4)-133(132)
じゃれつく/シャドークロー/剣の舞/かげうち

hbイカサマポリゴン2が崩せないので崩す為にZ技はフェアリーを選択した。
若干hpとsに振り分け、「c200テテフのフィールドサイキネ耐え」と「準速80族抜き」のラインを両立した。

パルシェン@気合いの襷
性格 : 意地っ張り
特性 : スキルリンク
125-161(252)-201(4)-×-65-122(252)
氷柱針 / シェルブレード / 氷の礫 / 殻を破る

主にミミッキュ対策として採用。
わざわざ重いバシャーモの為だけに「シェルブレード」を採用しましたが、バシャが来ないわパルミラーで負けると散々でした(;_;)

襷採用の理由は、バンドリ選出出来ない時のストッパー役が欲しかった為。
強引に殻を破れるのもgood!

カプ・レヒレ@カプZ
性格 : 図太い
特性 : ミストフィールド
177(252)-×-177(204)-121(44)-151(4)-106(4)
ムンフォ / しおみず / 自然の怒り / ちょうはつ

これまた以前使っていた瞑想型の流用調整^^;
一応マンダの一舞捨て身とかガブの地震2回耐えとかの気がする。

テキトーですいませんm(_ _)m


【 総括】

結果 予選 5-3 4竦み→抽選落ち

2試合は普通にただ普通に負けました。
(選出ミスと立ち回りミスが一試合ずつ)

初めて使うptということで立ち回りはいつもより甘い部分があるのは仕方がないとは思いますが選出ミスは有り得ない失態なのでしっかりと反省します。

対戦された方、話しかけてくださった方や運営の方々ありがとうございましたm(_ _)m

デンジュモク廃案

図太い性格採用で耐久ボルトに似た動きができる?と思い採用…

183(196)-×-132(228)-201(60)-92(4)-106(20)

10万ボルト / めざパ氷 / ボルチェン / 蛍火

結論「役割が持てないのに無理矢理持たせるのは無理があった」

よく考えてみれば以下のもので事足りると気がついた

184(236)-×132(240)-165-101(4)-125(28)

10万ボルト / めざパ氷 / ボルチェン / 悪巧み

【SMシーズン1】4秒選出テテフパルコケコ【最終2156】

 新作シーズン1お疲れ様でした。

さっそく紹介へと移らせて頂きます

並びは以下の通り

 f:id:toropoke:20170117133640p:imagef:id:toropoke:20170117133645p:imagef:id:toropoke:20170117142238p:imagef:id:toropoke:20170117142515p:imagef:id:toropoke:20170117044240p:imagef:id:toropoke:20170117142413g:image

 

【pt組みに関する考え】

シーズン1は使えるポケモンが少なく、自身が得意とする対面+サイクルというコンセプトが取り辛く、サイクル軸に寄せるとZ技という不確定崩し要素に負ける事を考慮した結果、徹底的に対面思考の形で組んでみました。

 

対応範囲の広めなガルガブコケコカグヤ+2 を軸として、且つ同系統の構築に択を介せず勝利出来る型(並び)を揃えました。

 

 

【個別紹介】

 

f:id:toropoke:20170117054447p:imageガルーラ@ガルーラナイト

性格 : 意地っ張り

195(116)-177(124)-121(4)-×-122(12)-152(252)

*メガ進化後の数値

すてみタックル / 地震 / どくどく/ 猫騙

 

スカーフテテフに有利を取れる「サイキネ+反動耐え」の調整を何処かの記事から拝借した。

「どくどく」の採用理由は数値受けポケモンに刺したり起点回避の役目があり、hpが1でも残っているならむやみに捨て身で切るのでは無くどくどくを入れてから1度引き、猫騙し+毒ダメで〆るルートも考える様にしました。

主にギャラマンダポリ2がいるptに選出。

 

f:id:toropoke:20170117055511p:imageガブリアス@ドラゴンZ(炎Z)

性格 : 意地っ張り(陽気)

183-200(252)-116(4)-×-105-154(252)

 183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

げきりん / 地震 / 炎の牙 / 剣の舞

 

頻繁に持ち物と性格を入れ替えをしていた枠。

終盤になると炎Zが読まれず(切られた?)のか剣舞を積んだ後でもカグヤに居座られる場面が多かったので最終日2日前から炎Z持たせていた。

剣舞を積んだあとに炎の牙読みで交換されたとしても、ほぼコケコかスカーフテテフが後出しされたのでZ技発動で多くの守り神を葬り去った。

 

f:id:toropoke:20170117061100p:imageカプ・コケコ@フェアリーZ

性格 : 臆病

145-121-106(4)-147(252)-95-200(252)

10万ボルト / マジシャ / ボルチェン / 電光石火

 

コケコミラーとhp1のパルシェンに負けるのを嫌い、この技構成となった。

コケコはフィールドがあっても微妙に火力が足りないので電光石火のおかげで数え切れない程の試合を拾ったと記憶している。

採用初期は疑心暗鬼だったが採用して良かったと思える技だった。

 

f:id:toropoke:20170117062040p:imageカプ・テテフ@こだわりメガネ

性格 : 控えめ

175(236)-×- 102(52)-182(124)-136(4)-127(92)

サイキネ / ムンフォ / 10万ボルト / シャドボ

 

*調整先*

B …a177親子愛 捨て身を確定耐え

C …無振りコケコをフィールド無しサイキネで確定1発

D …c191ヘドロ爆弾を確定耐え

       c222シャドボが6.3%の乱数1発

S …最速テッカグヤを意識したラインの上を取る辺り

 

耐久ポリゴン2に弱めな並びなので数度後投げが効き、受け切られない高火力を出す為に眼鏡を持たせた。

有利対面一致技を打つだけで相手を半壊させ、一貫を取れるラインまで削ると裏の止めにくいパルコケコガルーラを通しやすくなる為

削り役として雑に扱った。

パルシェンに対面から起点にされるのを嫌って選出を控えていたが、コケコの技を弄ることによって問題は解消された。

 

f:id:toropoke:20170117113036p:imageパルシェン@きあいのタスキ

性格 : 意地っ張り

125-161(252)-201(4)-×-65-122(252)

つららばり / ロクブラ / 氷の礫 / 殻を破る

 

ストッパー兼切り返しの枠。

最も腐りくく積みを行える襷での採用をし、選出の幅を広げる事を目的としたのが実にマッチした。

 

f:id:toropoke:20170117121205p:imageテッカグヤ@たべのこし

性格 : 図太い  

201(228)-×-170(252)-130(20)-122(4)-82(4)

火炎放射/ラスターカノン/ギガドレイン/宿り木

 

ガルハッサムグロスミミッキュ受けとしての採用。

「火炎放射」は鋼への打点、「ラスターカノン」はミミッキュやガルーラへの遂行速度を気にしました。

恐らく1番目を引くのは「ギガドレイン

この技の採用理由はこのポケモンが「ビーストブースト発動時」にどれだけの体力が残っているのか?という事。

基本的に後出しのみなので大抵3割あれば上出来?ですが、パルメガギャラドサイマンムーなどを突破した際に5割以上の体力を残したまま防御が一段階上昇するので、役割集中でカグヤを相手にしてくる者を返り討ちにする事が可能

 

 

タイトルの4秒選出とは脳死でテテフパルコケコしか出さなかった時の最速選出時間から。

基本選出はf:id:toropoke:20170117062040p:imagef:id:toropoke:20170117113036p:imagef:id:toropoke:20170117061100p:image

メガを基本選出に入れないのは強いとは言えませんがそれ以上に環境への通りが良い3匹だったのでガルーラの選出機会は多くは無かったです。

 

【戦績+α】

TN とろ〜          最高&最終2156   最終17位

TN Future Diary 最高2134 最終19xx

 

対戦して下さった方ありがとうございました。

 

最終日でも300差マッチングが多かったので2141で朝の4時まで潜る訳ないと決心してましたが、最終2150は超えていたかったのでcasでお祈りしながら上げました。

SMシーズン1は精神の削り合いだったのでメンタル力も試されていたのかと思います。

チキンの私には到底2200なんて行ける訳が無いですね笑

 

*special thanks *

るびーぽけさん

テッカグヤの個体を快く貸して下さりありがとうございますm(_ _)m

 

質問などがあればTwitter@dead_end12 までお願いします

 

テテフパルミミッキュにボコされた構築

f:id:toropoke:20170113214610p:image

s1中盤使っていた構築。

コンセプトは何かしらを起点にして「安定択」でサイクル崩壊を狙い、数的有利を生かして勝利する事。

 

 

【個別紹介】

 

f:id:toropoke:20170113214804p:image

ガルーラ@ガルーラナイト

性格 : 意地っ張り

特性 : きもったま→おやこあい

181(4)-194(252)-120-×-120-152(252)

すてみタックル/じしん/どくどく/ねこだまし

 

数値受けサイクルの崩しと、後述するカグヤとの組み合わせによりどくどく採用に至った。

修正により火力が削がれたのでむやみに捨て身を打つのを避けた立ち回りが必要と感じた

 

f:id:toropoke:20170113215859p:image

ガブリアス@ドラゴンZ

性格 : 意地っ張り

特性 : さめはだ

183-200(252)-115-×-106(4)-154(252)

げきりん/じしん/炎の牙/剣の舞

 

対面メガガルーラに不利を取らず、最低でも9割ほどダメージを与えられるのでさめはだ込みで飛ばすことが役割。

 

f:id:toropoke:20170113221256p:image

デンジュモク@オボンのみ

性格 : 臆病

特性 : ビーストブースト

177(148)-×-92(4)-203(76)-116(196)-125(84)

10万ボルト/めざ氷/ほたるび/身代わり

 

ポリ2カグヤなどを起点にし、サイクル崩壊を狙う型。

この記事を書いていて、HBボルトチェンジ型の方がマッチすると思ったのでその辺りも考えたい。

この型の説明↓

http://toropoke.hatenablog.com/entry/2016/12/29/092547

 

f:id:toropoke:20170113222114p:image

カプ・テテフ@こだわりスカーフ

性格 : 控えめ

特性 : サイコフィールド

145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

サイキネ/ムンフォ/シャドボ/10万ボルト

 

パルシェンの起点になってしまう高速at。

1舞ギャラなど130属付近を抜けるのは大きい為スカーフを持たせた。

 

f:id:toropoke:20170113222621g:image

ギャラドス@ギャラドスナイト

性格 : 陽気

特性 : いかく → かたやぶり

メガ時 : 179(68)-207(252)-130(4)-×-151(4)-136(180)

たきのぼり/氷の牙/身代わり/龍の舞

 

主にデンジュモクが出せない時にテッカグヤを起点にして崩しを狙うサブエース。

相手のジバコは勝手に地震読みで引いてくれるので龍の舞を積んでいた。

 

f:id:toropoke:20170113223428p:image

テッカグヤ@たべのこし

性格 : 図太い

特性 : ビーストブースト

201(228)-×-170(252)-130(20)-122(4)-82(4)

火炎放射/ラスターカノン/どくどく/宿り木の種

 

物理全般の受けを任せ、ギャラと合わせてポリ2を崩す為にどくどく採用。

クレセの様に雑に扱えるほど強くは無いが、技範囲が広い為 腐りにくさがウリだと思う。

 

 

このptでの最高レートは2108 で解散理由はタイトル通りテテフパルや、ミミッキュによる崩しからのメガポケモンや高速atを通される事が多発した為。

 

他には、Z技の有無で有利不利が逆転する対面もあるのでそこの見極めが必要だと思った(無理に近い)